桐らくね

桐のたためるベッド「桐らくね」


 
お電話でのご注文・お問い合わせは 0120-50-8950
フリーダイヤル 平日 10:00 - 16:00

よくあるご質問と回答

折りたたまずにベッドの状態で布団をのせたままで、キャスター移動はできますか? 毎日使用して、耐用年数はおよそ何年くらいでしょうか? スプリングやバネの交換は必要ですか? 注意点や普段のメンテナンス方法は? カビが発生してしまった場合の対処方法について 渋の発生について
折りたたまずにベッドの状態で布団をのせたままで、キャスター移動はできますか?
キャスター付ですので、布団をのせたままでも移動は可能です。
桐らくねの中央の取っ手に手を入れて、少し持ち上げて頂くと、お掃除の際などに前後左右、楽に動かせます。
お部屋の中での短距離移動用のキャスターですので、長い距離を動かす場合は、折りたたんだ状態で持ち運びをお願い致します。
毎日使用して、耐用年数はおよそ何年くらいでしょうか?
「桐らくね」は2009年より開発をはじめ、2014年に発売となった商品です。
お客様が毎日折り畳んでいらっしゃるか、固定ベッドとしてお使いか等お客様の使用状況により異なりますので、一概に耐用年数が何年とはお伝えできませんが社員で8年前製造の商品を毎日使っている者はいます。
弊社としては、適切なご使用で約10年程度、お使いいただけると考えております。
保証期間は1年となっておりますが、その後も有料で修理等承ります。
弊社製造直販の商品ですので、気になる点がございましたら、いつでもご連絡ください。
スプリングやバネの交換は必要ですか?
スプリング(バネ)の交換につきましては、10年程度は交換不要と想定しております。
保証期間は、桐らくねは1年、桐らくねプレミアムは3年、桐らくねプラチナは5年となっておりますが、その後も有料で修理等承ります。
ご質問や気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください。
注意点や普段のメンテナンス方法は?
ご使用に関して、下記の点にご注意をお願い致します。

木は生きているため、乾燥した環境に長く置かれると、木がやせて中央部分のネジがゆるんで、揺れが出てくる場合がございます。
その際は、プラスドライバーでネジを締め直してください。
また、湿度が高いとカビが発生する場合がありますので、できるだけ毎日、お部屋の換気をお願い致します。
折りたたむ際にスプリング(バネ)が弱いと感じた場合は、調整してご利用ください。
ベッド裏面のスプリングは3段階で取付できるように、設置部分に穴が開いています。
納品時の取扱説明書に図で記載しておりますので、ご覧ください。
(もしお手元にない場合は、資料をお送りしますので、お気軽にご連絡ください)
スプリング(バネ)の交換につきましては、10年程度は交換不要と想定しております。

総桐製で無塗装のため、年数や日の当たる環境により、木の色が変わってまいります。
ご使用には問題ありませんので、自然な風合いを楽しんでいただけたらと思います。

保証期間は1年となっておりますが、その後も有料で修理等承ります。
ご質問や気になることがございましたら、お気軽にご連絡ください。
カビが発生してしまった場合の対処方法について
カビが発生してしまった場合は、下記手順をお試しください。

まず、すのこ部分を乾かしてください。
ドライヤーを5分ほど、2回くらい当てて、完全に乾燥させてください。
(また、お時間があれば、天日で半日くらい乾かしていただくのがお勧めです。)

次に、ペーパーやすり(ホームセンターで販売されている180番または240番のもの)
でカビの部分をこすってください。きれいになれば、終了です。

上記の対応で、きれいにならない場合は、家庭用の漂白剤をカビの部分につけて、乾かし、やすりでこすってください。
以上の対応でもきれいにならない場合は、お手数ですが当店までご連絡ください。

当ベッドは天然木(総桐製)ですので、水分に弱いです。
普段より部屋の換気、布団干しをして頂き、通気性を良くしてお使いください。
部屋の換気は短時間でもいいので、できれば毎日して頂けたらと思います。 また、カビの発生は1年保証の対象外となっておりますので、何卒ご了承くださいませ。
渋の発生について
渋とは桐に含まれるタンニン由来のもので、木目が茶色や紫色に変色します。
渋が出るのは桐の特質となっており、この渋が抗菌効果を発揮します。

桐らくねは無塗装で自然の風合いとなっており、最初はこの渋が目立つかもしれませんが、やがて濃い茶色に落ち着きます。
人体に悪影響はございません。
すのこ部分が茶色に変色し、点のようになっている箇所もございます。
同様の状態であれば、渋ですので、このままお使い頂いて問題はありません。
気になる場合は乾いた布巾で拭いてください。
濡れた布巾などで拭いてしまいますと、渋が広がったり、水分がカビの原因になりますのでご注意ください。